いじめ防止策

中学生の暴行いじめ事件が多発する背景

兵庫県川西市の市立中学校で中学三年生の男子が、六人のいじめっ子から、集団暴行を受けて、肋骨骨折の重傷を受けていた事件がありました。今年六月にあった事件です。被害を受けた生徒は警察に被害届を出し、警察が捜査しているそうです。また、兵庫県尼崎市...
いじめ防止策

日本から「いじめ」がなくなれば

いじめ事件が報道されたり、女児の誘拐事件が報道されたりしている日本。経済は景気の悪化が続いていて、政治はどうも良い方向には動いていないように見えます。その日本ですが、国民の民度というか、レベルはやはり世界トップクラスです。道徳のレベルや治安...
凶悪犯罪

小学生女児を誘拐する凶悪犯罪

広島市で、4日夜に小学六年生の女の子が塾からの帰り道に、大学生の男性に声をかけられ、ナイフで脅されて、旅行かばんに押し込まれて、連れ去られる事件がありました。幸い、タクシーの運転手の機転で犯人は逮捕されました。また、ほぼ同じ時期に、名古屋で...
スポンサーリンク
いじめ事件

東京の私立学校いじめ事件

東京の有名な私立学校で、いじめの首謀者である中二女子が、二万円を男子に渡して、ターゲットの女子生徒をトイレで強姦させる事件がありました。たいへん卑劣な犯行です。有名女優の娘であるいじめ首謀者は、退学になることもなく、数日の停学ですんでいると...
いじめ防止策

少年院への収容

いじめ事件においての加害者は、刑法により罰することができます。暴行などの容疑で立件すれば、我が国では、刑罰を適用できる年齢が、14歳以上ですから、これに相当すれば、刑事責任を問うことができます。大津いじめ事件では13歳と14歳の三人の加害者...
コミュニケーション操作系のいじめ

コミュニケーション操作系のいじめ

コミュニケーション操作系のいじめというのは、無視、悪口、誹謗中傷の流布などのコミュニケーションと情報操作による精神的打撃をしかけてくるいじめです。 暴力系のいじめでは、刑法に触れるため被害届や告訴が可能です。これに対して、コミュニケーション...
いじめられない子供に育てる

いじめとの戦い

いじめと戦うためにまず覚悟しておくべきことは、警察や弁護士の助けを借りることは今日では常識であることです。というよりも、それなしで、現在のいじめと戦い子供を守ることはすでに不可能になっています。 そもそも、いじめの存在を発見できるかどうかも...
いじめの原因

いじめは犯罪

東京都清瀬市の私立中高一貫校で行われた暴力によるいじめ事件。いじめは犯罪であり、警察や弁護士が介入しなければ解決しない問題になっています。この学校に通っていた埼玉県在住の中学2年の男子生徒(13)は、連日のような暴力によるいじめに苦しんでい...
子ども安全対策支援室

子ども安全対策支援室

文部科学省は8月1日付で「子ども安全対策支援室」設置をするようです。大臣直轄で、いじめによる事件や自殺を防ぐことが目的だそうです。問題の隠蔽をくりかえす校長OBが集まった無益な教育委員会を廃止することが先決問題ですが、まるでこの問題を押し隠...
いじめ防止策

いじめられない子供を育てる方法

いじめに巻き込まれないために、もっと早い段階から、いじめられない子供に育てる方法はあるでしょうか。いろいろな方法が提唱されていますが、幼児期から武道を習わせることは一つの有効な方法とされています。武道は、主に暴漢との格闘戦を想定していますの...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました