2015-07

いじめ事件

岩手と愛媛のいじめ事件は少年法の欠陥を証明

岩手県で残酷ないじめの被害に会い、自殺した中学二年生は、クラス内で暴力行為があったのを担任が何度も目撃しており、担任がいじめ犯罪者である加害者を叱ることがあったと同級生らが証言していました。担任の対処の仕方が不適切であったことが明白です。こ...
凶悪犯罪

少年による暴行などの犯罪が増加している理由

大阪府河内長野市の公園で2015年6月に少年による暴行事件がありました。19歳の少年二人が同じく19歳の専門学校生に激しい暴行を加え、被害者は意識不明の重態となり、その後、死亡したのです。亡くなったのは工藤勇人さんのご両親の悲しみはいかばか...