教師の体罰

教師の体罰

体罰が減らないのは保護者にも原因がある

御坊市の県立高校のサッカー部の顧問が、部活の生徒に体罰を行った事件がありました。この顧問は、このような暴力行為を繰り返していた問題の人物でした。ところが、減給の懲戒処分されただけで終わったのです。和歌山県教育委員会学校人事課の松本泰幸課長ら...
教師の体罰

いかなる場合も体罰を禁止と学校教育法で定められている

ジャズトランペット奏者の体罰 ジャズトランペット奏者の日野皓正(てるまさ)氏がコンサートの場で生徒である中学生を平手打ちしてテレビなどで騒がれているようです。体罰はいかなる場合も禁止すると学校教育法には定められているので、法解釈をすれ...
教師の体罰

東京都調布市立小学校の女性教諭の暴言

東京都調布市立小学校の50代の女性教諭が、子どもの人格を傷つける発言をして処分されました。小学2年生の児童に対していじめを助長しかねない数々の発言を行っていたことが判明しました。重大問題と市教育委員会が判断するほどの「言葉の暴力」が長きにわ...
教師の体罰

学校教育法で教師は生徒に「体罰を加えることはできない」明記

「学校教育法」で教師は生徒に体罰を加えることはできない」と明記されているにもかかわらず、その法を犯した暴力教師のせいで、大阪市立桜宮高校の生徒が自殺するという事件が起こりました。にもかかわらず法を犯した犯人であるこのバスケ部顧問教師は、体罰...
教師の体罰

許さんぞ暴力教師。体罰いじめで生徒が自殺

文部科学省の義家弘介政務官が15日午前、大阪市教委を訪れました。目的はもちろん、大阪市立桜宮高校の2年男子生徒がバスケットボール部の顧問教師の連日の陰湿なる体罰いじめのせいで自殺した問題を追及するためです。この問題では、橋下市長は、大阪市立...
教師の体罰

体罰する教師は即刻やめてしまえ

大阪市立桜宮高校の2年男子生徒(17)が自殺した事件では、体罰の是非をめぐる議論まで出てきているようですが、馬鹿も休み休み言えといわざるをえません。なぜ、子どものクラブ活動に体罰が必要だというのでしょうか。その必要性は一ミクロンもないと断言...
教師の体罰

大阪市立桜宮高校で教師が体罰いじめ

昨年12月、大阪市立桜宮高校のバスケットボール部主将の男子生徒が自殺をしました。その原因は顧問の男性教諭の陰湿な体罰でした。先生による生徒への体罰いじめ事件として、この事件は日本の教育の現状を教えています。被害生徒は自殺前日にもこの教師から...