パワーハラスメントとメンタルヘルスの問題

いじめを撃退する秘密の方法

パワハラは犯罪です。それは人権侵害という犯罪です。いま、職場で自分がいじめにあっていると思う人は6パーセントいます。また職場でいじめにあっている人がいると思う人は15パーセントいます。パワハラの報告件数は増えています。近年、社会問題として顕在化してきたのです。パワハラは社会の変動により増加してきました。職場にはゆとりがなくなり、効率が追求されています。職場内のコミュニケーションは希薄になりつつあります。管理職はマネジメントスキルが低下した人が増えています。成果主義の導入や終身雇用の崩壊もあります。

パワハラしている人間を罰する仕組みをつくる

家族のライフサイクルやサポート能力も変化しています。その中で管理職と労働者の価値観が大きく相違している実情があります。マザーテレサは、「愛の反対は憎しみではなく無関心である」といいましたが、パワーハラスメントの予防には、管理職の側が職場の風土を改善していく努力をしていくほかありません。職場のメンタル対策などと同様、教育と訓練を実施し、相談体制の構築を行って、職場環境を改善することしかないのです。パワハラは人権侵害であることを広く認識させていく職場教育が必須です。まずは録音を心がけ、いわれたことを記録しましょう。身を守るためにも必須です。

パワハラを受けた労働者、パワハラ被害者が事件解決のための方策を知る

急増するパワハラの多くは、「言葉の暴力」や「長時間労働」です。労働局には日々、パワハラ相談のメールや電話が届いています。パワーハラスメントの定義とは、「人間関係で有利にある者が、弱い者に対し精神的、身体的な苦痛を与えること」とされています。言葉の暴力が、パワハラの典型例です。心を傷つけるような暴言を浴びせることはしばしば会社でも見られます。こうした言葉の暴力は、携帯用の録音機で記録することで、パワハラ判定の「証拠」にできます。言葉の暴力以外にも、長時間労働の強要もパワハラの一種とされています。最近多くみられるパワハラとして、「労働契約の際の嫌がらせ」があります。また仕事に就いた後でしばしばみられるパワハラとして、仕事の取り上げ、本人にふさわしくない仕事の強要があります。これは結果的に退職強要としてとらえられる問題です。

日本からパワハラをなくせば景気がどんどんよくなる

「精神的苦痛を与える待遇」で自主退職に追い込むパワハラ。産業医によるパワハラもあります。心理テストと称し六時間も被害者を産業医が拘束した事例。ひどい言葉の暴力や根拠のない懲戒処分がいまだに日本の企業の中に横行しているのです。まだまだ悲惨な労働現場が日本にはたくさん残っているのです。パワハラを受けて精神的被害を受け、メンタル疾患を発症する人も増えています。パワハラ被害で精神疾患を発症すると労災認定となります。その認定をスムーズにするにも、職場での録音や記録は必要です。パワハラにより退職を余儀なくされる人もたくさんいます。弁護士の協力を得て会社との交渉を進めて、「訴訟」・「労働審判」で、解決するための道筋があります。パワハラ被害に悩む人は弁護士に相談するべきです。個人加入できるユニオンの窓口や労働基準監督署もあります。携帯電話にかかってくる上司のパワハラ暴言なども録音機ですべて記録しておきましょう。

職場のメンタルヘルス

日本の企業は労働環境におけるメンタルヘルスを守ることについて法的に義務づけられています。メンタルヘルスを守るストレスチェック制度が健康診断に導入されています。日本では、多くの人が職場の人間関係に苦しんで、うつ病になります。職場の人間関係の苦悩の中では、パワハラ、アカハラ、モラハラなど、立場が上のものからのいじめが多いのです。

うつ病を予防するためのメンタルヘルスと精神医学

ストレスを重ね、心の病で仕事に支障を来たし、休職する事態に陥らないため心の健康管理つまり、メンタルヘルスの普及が重要視されるようになってきています。「うつ病になるのは心が弱いからだ」という人がいますがそれは誤りです。心が強いから、うつ病にならないのではないのです。心の病にかかるのは真面目な頑張り屋が多いですが、真面目すぎると、過度なストレスがかかるからです。心をどんなに鍛えてもストレスは消えません。適度に力を抜いてストレスを軽減しながら、仕事する工夫が必要です。倒れるまで頑張るより、倒れないように適度にすることです。週末にゆっくり休むとストレスから解放されるというのは間違いです。土日はずっと家に籠もって寝ていると、生活リズムが狂い、かえって、うつ病になることもあります。その日のストレスはその日に解決できる趣味の時間、運動、美食、早めに寝るといった方法があります。これは積極的にストレスを解消する作戦です。身体を休めれば心も元気になるとは限りません。

職場の人間関係が、うつ病を引き起こす

うつ病を引き起こす疲れは、人間関係や仕事の問題です。これは心に関係する疲れです。ゆっくり休んで考え込んで悩みが深刻化しては本末転倒となります。ストレスを癒すには身体を動かすことです。体操でもスポーツでも運動する習慣がストレスを緩和します。忙しくて運動している暇がないといわず意識して時間を作ることが大切です。心の病を抱えた人は会社に来て仕事をするだけでも精一杯です。メンタルに問題ある部下の話を聞くなら、勤務時間内にすませるべきです。お酒の力を借りたりするのはやめましょう。「飲みニケーシヨン」では問題解決になりません。産業医によるカウンセリングもこれからますます重要になってきます。

頑張りすぎない工夫でメンタルヘルスを守る

精神的につらそうな人に「頑張れ」と言うのは危険だといわれることがありますが、これは誤解です。頑張ることが悪なのではなくて、頑張りすぎることが、よくないのです。「頑張りすぎないようにね」と声をかけるなら、心配ありません。あるいは、「無理のないように、頑張って」と声をかけるのは、よいことです。「適度に、適当に頑張る」ということです。職場の人間関係が改善されるためには、パワハラやモラハラについての社員教育が必要になります。啓蒙活動により、パワハラを減らしていくことが大切です。また、パワハラがなくても、過重労働や長時間労働でメンタルヘルスが害されます。長時間労働を避ける工夫、過重労働を避ける工夫がすべての企業に求められています。

あわせて読みたい関連記事:

パワハラ 
スポンサーリンク
ijiをフォローする
中学生のいじめ対策
タイトルとURLをコピーしました