埼玉県川口市の公立中学校いじめ被害者は車いす生活に

いじめを撃退する秘密の方法

埼玉県川口市の公立中学校でいじめ事件が発覚しました。被害者の男子生徒は平成28年4月の入学直後から同級生らにいじめを受けていました。その間、学校は改善策を何も取ることなく被害者は、3回にわたって自殺を図っていたのです。

生徒は自殺を図った影響で車いす生活

被害者の男子生徒は1年生の5月ごろからサッカー部の同級生と先輩にいじめられていました。悪口を言われ仲間はずれにされ、9~10月の二度、自宅で首つり自殺を図っていたのです。さらには平成29年4月に近くのマンションから飛び降り、頭蓋骨骨折しました。自殺をはかるほどの苦悩を味わわせたいじめ加害者たちは全員、刑事罰を受けるべきなのです。

重傷を負った生徒に学校は何もせず

被害者の男子生徒は最初の自殺未遂の前にいじめの内容を担任に書面で渡したにもかかわらず担任はこれを黙殺していたのです。そして学校側は「いじめに該当する事案がない」と生徒側に伝えました。このために生徒は不登校となりました。担任には、いじめ根絶の意思もなく、意欲もないことが明らかで、ほんとうの教員になる資質がこの教師にあったのか大いに疑問です。

学校側がいじめを認定したのは、飛び降り自殺を図った後

市教委は29年10月に第三者調査委員会を設置したものの調査は不十分なまま終わっています。「事態を重く受け止め、再発防止に向けて取り組む」としているようですがまったく信用できません。なぜ、いじめ犯罪者たちを放置してるのか。どうしてペナルティを彼らに課さないのか。いじめ被害者だけが泣き寝入りという今の世の中には、必殺仕事人のような仕返し稼業が必要なのでしょうか。

あわせて読みたい関連記事:

いじめ事件
スポンサーリンク
ijiをフォローする
中学生のいじめ対策