いかなる場合も体罰を禁止と学校教育法で定められている

教師の体罰

ジャズトランペット奏者の体罰

ジャズトランペット奏者の日野皓正(てるまさ)氏がコンサートの場で生徒である中学生を平手打ちしてテレビなどで騒がれているようです。体罰はいかなる場合も禁止すると学校教育法には定められているので、法解釈をすれば、違法行為をしていることになりますが、これは教職にあるものに適用される法律なので、今回の件では微妙なところです。

事件は8月に東京都世田谷区で中学生向けの体験学習事業のコンサートでおこったことです。そのコンサートで、ドラムを演奏していた男子中学生が、日野氏の指導のとおりにしなかったために、聴衆の観ている前で、彼を平手打ちしたとされる問題です。

信頼関係があっても体罰はダメ

日野氏が「手を出したのは、俺と彼との間には親子関係に近いものがあり、問題はない。」と述べていることは真実なのだとうと思われます。「この件はすでに和解もしている」と語っており、音楽の修業の厳しさという話となれば、納得する人もいるのかもしれません。しかしながら、時代は、もう、変化しています。日野氏はそのことがわかっていないのかもしれません。

日野氏はこの生徒に「目をかけていた」そうです。「男子生徒のソロパートが長くなり他の子に迷惑がかかると思い、とめた」と説明しておられますが、とめるのに平手打ちは、本当に必要だったのでしょうか。この演奏の後、生徒側から謝罪があったと日野氏は主張しているのですが、これが本当であったとしてもです。すでに時代は、体罰禁止の流れに動いています。いかなる場合においても先生や師匠が、生徒や弟子に体罰をしてはならないというのが、人類共通の道徳として広まりつつあります。先進国であればなおさらのことでしょう。

人類共通の道徳として体罰は否定の流れ

日野氏は「握手をして、問題は解決した。何のわだかまりもない」と話したそうですが、今回、このような形でなぜテレビが騒いだのか。その意味を日野氏には真剣に考えて頂きたいと思います。人を教育するのに、いかなる暴力も必要ない。これが人類共通の道徳となろうとしています。そんな時代なのに、前時代的な行動をするから、マスコミのターゲットになるということを理解すべきではないでしょうか。

一部でも体罰を認めたら、そこからどんどんエスカレートするリスクがあるからこそ、「体罰は禁止」と学校教育法第十一条にも書かれているのです。

あわせて読みたい関連記事: