アメリカで日本人の児童が陰湿なイジメを受けている

いじめを撃退する秘密の方法

アメリカのサンノゼ市をはじめ各地で、日本人の児童が、ある特別な理由によって、韓国人の児童、中国人の児童から、たいへんなイジメを受けています。暴言を吐かれたり、突き飛ばされるなどの暴行も受けているそうです。そのイジメの理由として、その韓国人の児童、中国人の児童は、「従軍慰安婦の強制連行」を根拠として日本人児童をいじめているそうです。そもそも、従軍慰安婦の問題は、朝日新聞が継続的に主張し、報道し続けてきた問題なのですが、なんと、今回、朝日新聞が、従軍慰安婦の強制連行がなかったことを認めたのです。32年にもわたり、虚構の従軍慰安婦強制連行というストーリーを平然と主張し続けてきた朝日新聞のおかげで、アメリカでは、従軍慰安婦の強制連行に対する非難決議を出されてしまいました。また、国連ではクマラスワミ氏によりこの問題で日本は批判されました。ところが、その根拠になっていた、強制連行の記事そのものが、根拠のない創作であり、ようするに捏造であったと朝日新聞が認めたのです。このことにより、日本国民の怒りは頂点に達しました。

スポンサーリンク

朝日新聞の性癖

「朝日新聞を糺す国民会議」が一万五千人が結集したのです。この運動により、虚構の反日悪宣伝が打ち破られて、国際的にも常識になることで、はじめてアメリカの日本人児童が救われるのです。

朝日新聞は自分たちの行った捏造報道の事実をまだ日本国でしか発表しておらず、英字版などではまったく隠したままになっています。これはたいへん卑怯で、道義的にも許されない行為だといえるでしょう。「朝日新聞を糺す国民会議」がこうした悪質な企業姿勢を追及し、朝日新聞の社長が世界中をまわって自分たちの捏造記事が原因で、従軍慰安婦問題が生まれてしまったことをお詫びして、世界中の人々の誤解をとき、日本国民の名誉を挽回させるまで、「朝日新聞を糺す国民会議」は活動を続けることでしょう。最終的には廃刊に追い込むことになるのだと思います。道義的にはそれが当然ではないでしょうか。下記の書籍にさらに詳しく、真実が暴かれています。


ひと目でわかる「慰安婦問題」の真実

あわせて読みたい関連記事:

いじめの原因
スポンサーリンク
ijiをフォローする
中学生のいじめ対策