長崎県佐世保市の高校1年松尾愛和さんが同級生に殺された

いじめを撃退する秘密の方法

長崎県立高校1年の松尾愛和さんが殺された事件は、犯人である同級生が日本国籍のある日本国民であるのかどうかも明確には報道されていません。そもそも、日本人であれば、報道されているような残酷な形での殺害をするとは考えにくいと思われるからです。しばしば、言われているように、中国や韓国ではこのような残虐な殺人が日常茶飯事です。そして、この事件が起きた土地が、在日外国人が極めて多い地域であるとの情報も、一部、出てきているようです。殺害当日に2人で佐世保市内で買い物をしたりして、相手を油断させ、殺害自体が目的だったと供述しているごとく、相手を確実に死に至らしめる。こういった行動様式は、日本人のメンタリティにはあまりなじみません。同じ長崎県では、過去にも青少年による残虐事件が起きていることは周知の事実です。そして、それらの関係者が日本国籍のない人たちだったことも知られています。

スポンサーリンク

道徳教育と教育委員会

いま、日本政府の一部に、少子化対策と称して、労働力を海外から確保しようとの動きをしている人々がいます。骨太の方針にもその話が出ておりました。彼らは、移民といえば、国民の不安と反発が増大するために、あえて、「外国人労働者の受け入れ」といった巧妙な言い換えをしています。その運動の首謀者と目されている竹中平蔵氏は、人材派遣会社パソナの経営者で、外国人労働者が大量に来ることで、パソナは大きな利益を上げることが明らかです。そうした一部の人の利権のために、日本の治安が悪化していくことを許していいのでしょうか。日本においてこのような残虐な事件をこれ以上増やさないためには、道徳教育は絶対必要です。しかし、それ以上に外国人労働者の受け入れを速やかに完全停止しなければなりません。外国人労働者は必ず日本に永住しようとして、さまざまな手段を講じます。結婚する方法が一番多いです。そして、日本国籍を取得してしまえば、弁護士にでもなれますし、教育委員会にも入り込むことも可能です。そうやって日本の文化や伝統をねじまげていく可能性も否定できません。

あわせて読みたい関連記事: