日本人の児童が外国人児童にいじめられる

いじめ防止策

日本人の児童よりも外国人の児童のほうが多い小学校が日本の中にすでに複数生まれてきています。これを国際化したと喜んでいるのはアホです。なぜなら、今、政府は今後10年で2000万人の移民を日本に受け入れるとの、政策をすすめているからです。この政策の結果、何が起こるのでしょうか。まず、日本国民の給与は上がることはなく、下がり続けます。なぜなら安価な外国人労働者がどんどん来るからです。そうなれば、日本国民の中にワーキングプアがもっと増えることになります。結婚できない、子供が育てられない、貧しい日本人が増えるのです。すると少子化はもっと加速します。日本人は少子化する一方、2000万人の中国人移民は教育費も関係なしでどんどん多産して増えていくのです。そしてやがては参政権を要求するようになり、2000万人規模のデモなどの暴動を起こすようになります。この運動は北京が背後にいます。そして参政権を得た中国人が日本の政治に影響力を強め、北海道や沖縄などに独立運動が起こることになるでしょう。

日本をいじめる中韓

日本人の児童が外国人児童によっていじめられるというのは日常茶飯事になります 。これは、このままいけば、もう数年でおきてくる話です。今すぐにこの移民政策を阻止させるしか子供を守る方法はありません。すでに移民推進派の竹中平蔵らの経済諮問会議により、経済特区ができ、経済特区は移民を受け入れる抜け道として利用されているのです。北海道や沖縄に次々に中華街が作られているのは、その一環です。中華街を作ることで中国人をその地域に集めるのです。クリミアがロシアに併合された事件がありましたが、日本の北海道や沖縄が独立運動の末に独立し、その後に中国の領土になってしまう可能性があります。佐渡島はすでに中国人に占拠されたかのような有様になりつつあります。対馬は韓国人が同じことをしています。日本を守るためにはこの真実を日本国民がまず知ることです。そして、日本を動かすためにも政治家にきちんと訴えて動いてもらうことです。子供を守るためにも、行動しましょう。



2014年 世界連鎖破綻と日本経済に迫る危機 (一般書)

あわせて読みたい関連記事: