いじめ防止策

NO IMAGE いじめ防止策

道頓堀刺傷事件いじめへの反撃だった

11月23日夜、道頓堀で男子高校生2人が重軽傷を負ったと報道されていた事件が実は、いじめのトラブルによるいじめ被害者の加害者への復習であったことがわかりました。殺人未遂の疑いで滋賀県の高校3年の男子生徒(18)が逮捕されたのです。この男子生...
NO IMAGE いじめ防止策

「いじめ予防には家庭教育が大事」という無責任委員長

大津市教育委員会の11月定例会で教育委員長は、「いじめ予防には道徳教育が必要。学校教育ではなく家庭教育が重要だ」と発言したそうです。この教育委員長は根本的な間違いを犯しています。いじめ予防に道徳教育が必要という部分までは正しい。しかし、学校...
NO IMAGE いじめ防止策

いじめで心的外傷後ストレス障害(PTSD)

加賀市の市立小学校で同級生からの集団いじめのためにPTSDを発症した女児とその両親が学校などを相手に訴訟をおこした判決が出ました。判決は「担任教諭はいじめを把握していたのに適切な措置を取らなかった」と学校や市側の責任を認定しました。いじめ首...
スポンサーリンク
NO IMAGE いじめ防止策

いじめ対応教師全国1600人配置で変わること

文部科学省は5年間で、いじめ対応教諭を1600人配置すると発表しました。いじめ対応教諭は学級を担任せず、生徒指導や警察との連携だけを行うそうです。配置に伴う人件費などは国が助成するとのことですが、この方策が、いじめを根絶させられるか、疑問が...
NO IMAGE いじめ防止策

那覇市立首里中学校「いじめ対策シンポジウム」

滋賀県大津市の中2男子自殺から、日本列島にふたたびイジメにむけた関心が増大しました。沖縄でも動きがありました。10月27日、「首里ッチフェスタ」で生徒や教員、保護者らをパネリストにした「いじめ対策シンポジウム」を那覇市立首里中学校生徒会が開...
NO IMAGE いじめ防止策

面談で情報をあつめないといじめ根絶はできない

奈良市のいじめ事件で、全裸撮影画像メール送信の犯罪が行われました。この犯罪者である中学生の処罰は絶対に厳罰をもって処されなければ世の中のためになりません。この被害生徒へのいじめは、調査によれば、4月以降から金銭の要求をされていたそうです。金...
NO IMAGE いじめ防止策

奈良県のいじめの実態とその対策

奈良県の教育委員会の報告によると、県内の中高校生のうち79,274人が回答した中で、2,903人の生徒が2012年4月以降いじめられたことがあるそうです。計2,903件のうち33.8%で、いまだいじめが解決していないのだそうです。何をやって...
いじめ防止策

いじめ加害者に罪悪感がないのは教育の歪みが原因

いじめによる自殺や不登校が後をたたない原因は何か。加害者たちの話を聞き取ることで、彼らが一切の罪悪感を抱いていなかったことがわかってきます。つまり、いじめ加害者は、善悪を知らないのです。道徳を知りません。その最大の理由は、道徳を教えられてい...
NO IMAGE いじめ防止策

窓口を総括「いじめ相談室」を大津市が設置

大津市の越直美市長は複数あるいじめの相談窓口を総括する「いじめ相談室」を設置することで、いじめ予防を促進すると発表しました。いじめの重大事案を検討する常設の外部委員会も設置します。実際に起きたイジメ事件を解決する機関を設置することは有意義で...
いじめ防止策

犯罪を繰り返す獣性を帯びた、いじめっ子中学生の末路

滋賀県草津市で、12歳の中一男子が、集団暴行の被害にあいました。継続的ないじめを受けていたことがわかったそうです。事件が明らかになったのは五月六日の午後七時から二時間以上暴行したのがきっかけです。橋の上で、土下座してあやまれなどと脅迫しなが...
スポンサーリンク