原発避難で、いじめ

いじめを撃退する秘密の方法

東京電力福島第一原子力発電所の事故後、福島県から避難した子どものいじめ被害が各地で発覚しています。そもそも、放射線の人体への影響は、放射線量により違います。微量放射線の場合は、むしろ、健康増進作用があります。ラドン温泉やラジウム温泉の例でもわかるように、微量の放射線の場合は、免疫増進、病気治癒の促進が起こります。

福島の放射線量は自然放射線のレベルしかない

そして、現在の福島の放射線量は、アメリカのフロリダ州の放射線量の半分以下なのです。つまり、人間の生存に何の問題もないものなのです。フロリダで人がふつうに住んでいるとおりです。報道された原発避難者の子どもに対するいじめは氷山の一角です。子どものみならず、大人の世界でも、心ない仕打ちや嫌がらせという事態が続いています。全ては放射線への誤解から生まれている事件です。放射線は微量でも有害だと思い込むような間違った報道がテレビなどマスコミによってなされてきたことが最大の原因です。

テレビの間違った情報操作の結果起こった誤解

福島県民と分かると差別されるのです。被害者である避難者が、被ばくを避けるためにやむを得ず行なっている避難生活について、心ない批判や理不尽な仕打ちを受けることは理不尽です。放射線医学の専門家はすでに福島県に避難が必要な危険地域は存在せず、今、避難している人すべては帰還することが可能と断言しています。政府は、専門家の意見に耳を傾けるべきなのです。


決定版 福島の放射線衛生調査 ―低線量率だった福島の真実と20km圏内の復興 (高田純の放射線防護学入門シリーズ)

あわせて読みたい関連記事:

いじめ事件
スポンサーリンク
ijiをフォローする
中学生のいじめ対策