コミュニケーション操作系のいじめ

コミュニケーション操作系のいじめというのは、無視、悪口、誹謗中傷の流布などのコミュニケーションと情報操作による精神的打撃をしかけてくるいじめです。 暴力系のいじめでは、刑法に触れるため被害届や告訴が可能です。これに対して、コミュニケーション操作系のいじめの場合は、名誉毀損などの民法系の訴訟を行うことになります。名誉毀損罪(刑法230条1項)も適用できます。 いじめの形態には、排除するものと、飼育型などと呼ばれるものがあります。排除型は、仲間はずれなので、わかりやすいのですが、飼育型とは、グループの中に在籍させながら、いじめていくものであり悪質性が高いです。 いずれも、悪意を持ち、いじめる人間がいるから起こるものであり、すべての原因は、いじめっ子のほうにあります。なぜならば、いかなる理由も、他人をいじめる正当な理由になりえないからです。

コミュニケーション操作系のいじめの解決方法

悪いのは100パーセント、いじめっ子です。つまり、いじめとは、いじめっ子をなくせば、消滅するものなのです。いじめられた側へのケアや対処ばかりをいろいろ言う人がいますが、本末転倒です。法律を駆使して、いじめっ子を撃滅することが、いじめ対策の根本です。いじめっ子は、すでに教育の範疇を飛び出した存在であり、犯罪者なのです。これまでの学校教育は犯罪者をかばって、犯罪被害者を死に至らしめてきました。とんでもないことですが、これが教職員組合や教育委員会の実態だったのです。私達、日本国民が立ち上がり、いじめの本当の敵であるこれらの既得権益者の違法行為を追及し、改善するまで絶対に許さないことです。彼らの人権教育とは犯罪者の人権を守って被害者を切り捨てる恐ろしい人権教育だからです。

あわせて読みたい関連記事:

学校でのいじめ、職場でのいじめ、家庭でのいじめや虐待や暴力、DVあるいはモラハラ。 学校でのアカハラ、モラハラ、パワハラ、職場でのパワハラ、いじめ類似の困難な人間関係。 こうしたさまざまな苦難を解決するための特別なノウハウをご紹介します。
ミラクルいじめ撃退法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする