いじめとの戦い

いじめと戦うためにまず覚悟しておくべきことは、警察や弁護士の助けを借りることは今日では常識であることです。というよりも、それなしで、現在のいじめと戦い子供を守ることはすでに不可能になっています。 そもそも、いじめの存在を発見できるかどうかも、早い段階からの家庭での準備が不可欠です。親は、我が子に必ず、いじめの存在とその実態、そして、自分がいじめられたらすぐに親に相談することを十分に何度も繰り返し、話しておく必要があります。これは保育所、幼稚園の時代から少しずつ開始し、小学校低学年では十分に詳しく子供に知らせておくべきです。この下準備が、いじめに勝利するための下ごしらえとなります。それが現時点で不十分な場合はすぐにでも行うべきです。また、子供の身の安全を自分で守らせることはたいへん重要であり、現代の日本で子供を守るには、早い段階からの準備の一環として、子供に護身術を学ばせることは不可欠になっています。

武道など護身術を習わせる

男女問わず、合気道や少林寺拳法などの道徳の指導を兼ね備えた武道が適しています。こうした護身術は今の時代、すべての子供が幼児期、小学校低学年から、たしなみとして習得すべきものです。そこまでしなければ、子供は守れない世相になったともいえます。また、武道だけではなく、基礎体力をつける意味で、スイミングスクールや体操教室もあわせて行うとよいでしょう。しかし、護身術は最優先すべきかと思います。このように親子のコミュニケーションや対話の下準備を早期から行っておき、さらに護身術を学ばせて身を守る術を習得させておくことが事前に準備しておくべき子育ての項目となってきているのが今の日本の現状です。

あわせて読みたい関連記事:

学校でのいじめ、職場でのいじめ、家庭でのいじめや虐待や暴力、DVあるいはモラハラ。 学校でのアカハラ、モラハラ、パワハラ、職場でのパワハラ、いじめ類似の困難な人間関係。 こうしたさまざまな苦難を解決するための特別なノウハウをご紹介します。
ミラクルいじめ撃退法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする