ニンテンドー3DSで裸を撮影いじめ被害

携帯ゲーム機として知られる「ニンテンドー3DS」には、撮影機能があり、これをで裸を撮影され、画像をやり取りされるいじめの被害を小学六年生が受けたという事件がありました。茨城県守谷市の小学6年の男児が、この事件の被害者です。いじめというよりも、犯罪であるといっていいでしょう。邪悪な犯罪者は、12歳の同級生の男子と中1の男子あわせて計7人の悪童連です。被害者の両親は、1千万円の損害賠償を求めて提訴しました。被害男児は9月7日、友人宅で同級生に無理やり全裸にされたのです。これは、強制わいせつ罪、強要罪などの刑法にふれる犯罪です。この犯罪者らは、3DSのカメラ機能を使って動画で被害男児の裸を撮影し、下半身の写真を撮り、インターネット上に配信するソフトを使って、拡散させていました。

いじめがはびこる背景

この犯罪行為を行ったのが、小学六年生と中学一年生であることを考えても、いかに、児童の道徳観念が荒廃しているかがわかります 。児童の教育のもっとも重要なことは、道徳教育であり、遵法精神の養成です。それが、小学校の教育現場でまったく機能していないがゆえに、このような犯罪は後を絶たないのです。いじめとは、犯罪であり、小学生が犯罪者になるのは、教育がゆがんでいるからです。家庭教育のゆがみもあるでしょうが、もっとも重要な公教育の現場が、もはや、腐りきっているのです。すみやかにこの現状を正さねばなりません。教育勅語を復活させて、道徳の授業では歴史上の偉人伝を教えて、日本精神と呼ばれた至誠の真心を子供に教えていくことが根本策です。

新『教育勅語』のすすめ―戦前、品格ある国家と日本人を創った源泉

あわせて読みたい関連記事:

学校でのいじめ、職場でのいじめ、家庭でのいじめや虐待や暴力、DVあるいはモラハラ。 学校でのアカハラ、モラハラ、パワハラ、職場でのパワハラ、いじめ類似の困難な人間関係。 こうしたさまざまな苦難を解決するための特別なノウハウをご紹介します。
ミラクルいじめ撃退法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする