校内犯罪(いじめ)からわが子を守る法

いじめは、犯罪であり、親は子供を犯罪者の加害から守る義務があります。ICレコーダーで録音して「証拠集め」をすることは、いじめ対策の基本です。いじめ調査をしてくれる探偵事務所も増えてきています。プロの手助けを得て、いじめを解決する時代になりました。いじめの質はますます邪悪化し、被害生徒に対する継続的な暴力もさかんです。金銭をカツアゲするいじめや100万円規模の金銭の巻き上げ、さらには、中高生や小学生までが集団レイプを行うという信じられない事態になっています。女子高校生のいじめでは、援助交際強要などの刑法でいう強要罪が成立する事例もあります。このような、陰湿かつ凶悪なものを解決するには、プロの手助けなしでは困難です。いじめでは、女子生徒を男子生徒に集団レイプをさせる事件もあります。加害者が、被害女子生徒に「先輩の家に遊びにいこう」と誘うのです。そこには数人の男子生徒が待ち構え、輪姦されるのです。携帯で行為を録画し、口封じをするというのです。

探偵を雇い、いじめ撲滅

このような場合は、探偵事務所の探偵が、加害生徒を一軒ずつ、録画映像を回収するため訪問します。保護者が損害賠償の交渉をすることをこうやってサポートしてくれます。もちろん刑事事件にしていいのです。いじめでのレイプの低年齢化も深刻になっています。小学生でも6年生以下の学年でも起きているのです。報道にあがってきていないだけだということです。親子のコミュニケーションをしっかりと維持し、危険な場所には行かせない、兆しがあれば、すぐに対処する、護身術を習わせる、行く学校をよく選ぶなど、注意が必要です。本書を良く読むことで、対処の具体策がわかります。道義心を育てる教育を復活させない限り日本からいじめはなくなりません。すみやかに教育勅語をすべての小学校で音読させることです。

校内犯罪(いじめ)からわが子を守る法

あわせて読みたい関連記事:

学校でのいじめ、職場でのいじめ、家庭でのいじめや虐待や暴力、DVあるいはモラハラ。 学校でのアカハラ、モラハラ、パワハラ、職場でのパワハラ、いじめ類似の困難な人間関係。 こうしたさまざまな苦難を解決するための特別なノウハウをご紹介します。
ミラクルいじめ撃退法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする