学校教育法で教師は生徒に「体罰を加えることはできない」明記

「学校教育法」で教師は生徒に体罰を加えることはできない」と明記されているにもかかわらず、その法を犯した暴力教師のせいで、大阪市立桜宮高校の生徒が自殺するという事件が起こりました。にもかかわらず法を犯した犯人であるこのバスケ部顧問教師は、体罰を正当化する発言を繰り返しているそうです。いわく、「体罰で気合を入れた。部を強くするために必要だと思う」と。ここまでくると、この教師の人格が障害されているものと推定せざるをえません。反社会性人格障害などの疾患があるかもしれません。体罰によって高校2年生の男子生徒を自殺へと追い込んだことをなんと心得ているのでしょうか。その犯罪行為は教師以前に人間失格です。この教師は必ず、暴行容疑での逮捕がなされるべきです。刑務所の中に入れて、罪を償わせるべきです。本来は教師という権力をつかって弱者である生徒を暴行し自殺させたのですから死刑にすべきほどの重罪なのです。バスケ部の顧問A氏というこの教師は、生徒を1日に30~40発も平手打ちすることを繰り返して暴行しました。これは指導と呼ぶには尋常ならざる体罰であり、そのA氏は生徒の自殺後もまったく反省の姿勢がありません。これが昔の武士なら、みずから腹を切ってわびるべきところではないでしょうか。教師に指導力がないから暴力に走るのであり、暴力でいうことを聞かそうというのが愚かなのです。体罰は生徒の心に傷を残すことがわかりきった暴行です。

暴力教師は断じて許すな

それゆえ、学校教育法にて明確に禁止されています。大阪市立桜宮高校のバスケ部顧問Aは、生徒の心の悩みも知らず、感情に任せて叩いたのです。暴力教師を許してはなりません。「学校教育法」を読んだこともない人間がなぜ教員免許をもっているのか。そこでは、教師は生徒に対して「体罰を加えることはできない」と明記しているのです。先生を志すなら、学校教育法ぐらい読んでおけといわざるをえません。「全国学校事故・事件を語る会」の代表世話人を務める内海千春さんも小学6年生だった長男が学校で担任に頭と頬を叩かれた後、自殺しました。このような教師の暴力による自殺は、生徒同士のいじめと並んで深刻な問題であり、教師による生徒いじめなのです。今回も教師の体罰問題が隠ぺいされていました。このような隠蔽体質をぶちこわさねばなりません。「体罰で騒がれることが問題だ」と捉える教育委員会は即刻、大改革をして、元教員が参加できないシステムにすべきです。いじめと同数程度、教師が原因の自殺が起こっていることをもっと国民に知らせるべきです。教師と生徒という力関係を背景にした暴力は許されないのです。

相手を従わせる暴力、命令に背けば制裁を加える暴力、これを許してはなりません。大阪市桜宮高校バスケ部顧問A氏が生徒に加えた体罰は、いじめっ子がいじめられっ子を従わせるの同じものです。このような体罰を見聞きしたら、すみやかに体罰を加えた先生と学校の管理職に親から事実を伝え辞職に追い込みましょう。教育委員会に、体罰の証拠を提示して訴えることはもちろん、弁護士にも相談しなければなりません。さらに警察にも届けて暴行容疑での逮捕を依頼すべきです。保護者のみで教育委員会に申し入れても事実を隠ぺいされるのがオチですから、弁護士や支援団体などの第三者に必ず同行してもらい、断固として交渉しなければなりません。

あわせて読みたい関連記事:

学校でのいじめ、職場でのいじめ、家庭でのいじめや虐待や暴力、DVあるいはモラハラ。 学校でのアカハラ、モラハラ、パワハラ、職場でのパワハラ、いじめ類似の困難な人間関係。 こうしたさまざまな苦難を解決するための特別なノウハウをご紹介します。
ミラクルいじめ撃退法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする