中1女子自殺は昼食後の仕打ちのせい

神奈川県座間市の小田急線座間駅で、特急電車に飛び込んで自殺したのは世田谷区の私立中学校1年の女子生徒(13)でした。一人の少女の命をも奪うほどの仕打ちとはいったいなんであったのか、警察は徹底した捜査を行うべきです。8日、授業終了後に女子生徒が校内で複数の生徒と昼食を食べた後、いじめ加害者たちによる決定的な仕打ちがなされたことが被害生徒を自殺に追い込んだのです。女子生徒は学校で昼食を食べ、その時、いじめっ子たちから、何かをなされたことは間違いなさそうです。午後2時半頃に1人で下校して、その3時間後に特急電車に飛び込み自殺をしました。

いじめ加害者を逮捕すべし

いじめ加害者たちが女生徒に何をしたのか、必ず究明してその責任を追及しなければなりません。女子生徒のカバンに「今日のことは生きる希望がなくなりました」と書かれたノートが見つかっているのですから、何かがあったことは間違いありません。いじめたのは複数の加害者であるわけですから、個別に事情聴取し、真実を告白させるべきです。口裏あわせなどをさせてはなりません。

あわせて読みたい関連記事:

学校でのいじめ、職場でのいじめ、家庭でのいじめや虐待や暴力、DVあるいはモラハラ。 学校でのアカハラ、モラハラ、パワハラ、職場でのパワハラ、いじめ類似の困難な人間関係。 こうしたさまざまな苦難を解決するための特別なノウハウをご紹介します。
ミラクルいじめ撃退法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする