いじめられない子供を育てる方法

いじめに巻き込まれないために、もっと早い段階から、いじめられない子供に育てる方法はあるでしょうか。いろいろな方法が提唱されていますが、幼児期から武道を習わせることは一つの有効な方法とされています。武道は、主に暴漢との格闘戦を想定していますので、いじめによる暴行に対して、正当防衛するための体術を学べます。格闘戦ができる体力や腕力、体術が養われると、それは気迫となり、邪悪ないじめを防ぐ雰囲気をかもし出すようになるのです。特にどんな武道が適しているかという疑問もあるかと思いますが、格闘技や武術を学ぶことで、むしろ、自分が道を誤るようではいけません。そこで、武道の中でも、高い道徳性がある種類のものを学ばせることがこの場合に重要になります。高い道徳性のある武道を幼稚園や小学校低学年から習えば、道義心が高い子供に育つことになります。道義心が高く、そして腕力があり、武力がある子供は、いじめられる確率がかなり低くなります。

いじめられない子供は護身術を会得している

いじめを行う者達は、自分よりも腕力がなく、格闘戦ができない弱者をターゲットにします。彼ら邪悪な者達のターゲットにならないように幼稚園、小学校低学年から、子供を強く育てることは、防衛手段としての一つの方法です。いろいろな武道がありますが、とりわけおすすめしたいのは、合気道と少林寺拳法です。ひとつひとつ理由を解説します。合気道は植芝盛平によって創始された武道であり、日本古来の柔術を基礎に独自に発展したものです。特徴は高い道徳性があることで、修行者は「万有愛護」「武は愛なり」「我即宇宙」といった、開祖、植芝盛平の思想と哲学を学んでいきます。万有を愛護する精神、武は愛であるとする精神は、まさにいじめの対極にある思想ではないでしょうか。そして、少林寺拳法は、金剛禅少林寺拳法というのが正式な名称ですが、創始者、宗道臣は「自他共楽」つまり、自分と相手がともに幸せになること、そして「力愛不二」の思想を教えました。愛するものを身を挺して守るのが、武であると教えたのです。こういった武道で道義心と護身術を学ぶことをおすすめします。

あわせて読みたい関連記事:

学校でのいじめ、職場でのいじめ、家庭でのいじめや虐待や暴力、DVあるいはモラハラ。 学校でのアカハラ、モラハラ、パワハラ、職場でのパワハラ、いじめ類似の困難な人間関係。 こうしたさまざまな苦難を解決するための特別なノウハウをご紹介します。
ミラクルいじめ撃退法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする