新潟市の市立中学校の中2男子、傷害暴行で逮捕

この中二男子は、いじめている対象者だけではなく周囲のさまざまな生徒に暴力を日常的に振るっていたのです。
同級生を殴ってけがをさせたとし逮捕されたのは新潟市の市立中学校中学2年の男子生徒です。14歳ですから傷害と暴行容疑で逮捕されて当然です。被害に遭った男子生徒は先月半ばから、この少年から暴行を受けていました。この少年を中心とした数人の生徒がいじめを行っていたのです。この14歳の少年が複数の生徒を暴力の対象としていたことは驚きあきれます。このような犯罪者を野放しにしていた学校側の責任は重大であり、被害を受けた生徒の保護者が被害者団体をつくって訴訟をすべきだと思います。なぜ、ここまで被害が深刻になったのか、それは事なかれ主義の学校の責任です。暴行や傷害は犯罪ですから警察に通報して、逮捕させるべきです。それ以外で改心することなどありえないのです。

いじめは人格障害者が起こしている

これを放置することは被害を受けている生徒の人権を侵害していることをわかっているのでしょうか。まさに加害者の人権を守って被害者の人権を無視する日教組教育の愚かな姿です。いじめは犯罪です。このことを学校が明確に理解し、教師が犯罪者と戦う決意で教育現場に臨まない限り、いじめは消えません。悪は法で裁く。これが今の学校現場に緊急に求められています。それは被害者の命を守ることにつながるのです。犯罪者の人権など無視し、被害者の人権を第一に考えるべきなのです。それでなければ、日本のいじめ自殺事件は減りません。教育勅語を道徳の授業で教えることも必須です。

あわせて読みたい関連記事:

学校でのいじめ、職場でのいじめ、家庭でのいじめや虐待や暴力、DVあるいはモラハラ。 学校でのアカハラ、モラハラ、パワハラ、職場でのパワハラ、いじめ類似の困難な人間関係。 こうしたさまざまな苦難を解決するための特別なノウハウをご紹介します。
ミラクルいじめ撃退法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする